弁護士.TV

大塚嘉一 桃園の誓いで結ばれた絆

埼玉弁護士会 登録番号20822

大塚嘉一
ここから直接、弁護士に問い合わせをすることができます。
大塚嘉一弁護士のブログ更新情報

氏名大塚嘉一

事務所名菊地総合法律事務所

所属弁護士会埼玉弁護士会

登録番号20822

年齢61歳

誕生日1956年05月02日

得意分野 企業法務 相続・遺言 

対応エリア全国

趣味F1

座右の銘争いは万物の父である(へラクレイトス) 星の友情(ニーチェ)

案件1遺産相続事件

被相続人名義の内容の異なる遺言書が
残されていた事案である。
遺言書の効力や、内容の真偽が徹底的に争われた。依頼者とともに、被相続人の生涯、その人生観まで話し合い、検討して、その主張と立証方法を考えた。終盤での、実際の遺産分割に当たっては、依頼者の子供たちのことまで考慮して解決案を検討した。
相続とは何か、ということを考えさせられた事件であった。

案件2譲渡制限株式買取請求事件

譲渡制限株式の譲渡をめぐる案件である。
同族会社のようないわゆる閉鎖会社の場合、その経営権と支配権とをめぐり争いとなることがある。本件の依頼者の場合、持分は多くはなかったが、現会社経営者の経営上及び法律上の問題点の洗い出し、譲受人の選定、株式の評価などの問題点をクリアーしていった。最終的には、経営と所有を一致させることに、双方がメリットを認め、依頼者が株式を譲渡するという形で決着した。
双方が、それぞれの価値観で交渉し、それぞれがメリットを得られる解決を追求することの重要性を改めて認識した。

案件3談合課徴金審判事件

企業間の談合が問題となった
公正取引委員会の審判事件である。
訴訟と類似の方法により解決が図られることになっている。依頼者が複数おり、弁護士が弁護団を組み、証拠の評価、類似の審判例の収集、行政の動きなどを検討した。その結果、有利な形で、和解できた。
複数の弁護士が、その才能、能力を出し合って、事件の解決のために力を合わせることができた、有意義な経験であった。

事務所名菊地総合法律事務所

所在地埼玉県さいたま市浦和区高砂2-1-16 浦和大熊ビル5階

設立-

所員数4名

URLhttp://www.kikuchisogo.com

地図


大きな地図で見る

このページのTOPへ

©2017 弁護士.TV ALL RIGHTS RESERVED.