弁護士.TV

菅沼博文 温厚さに秘められた熱き想い

埼玉弁護士会 登録番号23670

菅沼博文
ここから直接、弁護士に問い合わせをすることができます。
電話番号

048-969-3801

URL

一括相談リストに追加する
菅沼博文 弁メシ
2013年5月24日
埼玉県越谷市
ダイニング・ウォーム
菅沼博文弁護士のブログ更新情報

氏名菅沼博文

事務所名菅沼法律事務所

所属弁護士会埼玉弁護士会

登録番号23670

年齢51歳

誕生日1965年07月28日

得意分野 企業法務 相続・遺言 交通事故 

対応エリア埼玉県、東京都、栃木県、神奈川県、千葉県

趣味テニス、野球

座右の銘人事を尽くして天命を待つ

案件1横断時の信号の色が問題となった交通事故

老女が交差点を渡りきる手前で、直進してきた車両にはねられ死亡した。加害者は、被害者が赤信号で交差点に進入したなどとして、無過失を主張した。これに対し、事故現場での調査や刑事記録等に基づき、被害者の横断開始時の信号は、青もしくは少なくとも黄色であったことを自動車工学的観点も加味して主張立証した。 裁判所は、当方の主張に近い事実認定をしたうえで、これに沿った内容の和解を勧告し、和解により解決できた事案。

案件2会社の商号の使用差し止めを請求された事件

ある会社が社名を変更したところ、それと同一の社名を使用する会社から、不正競争防止法に基づき、社名使用差し止めを請求された事案。 相手方の社名が不正競争防止法で保護されるべき周知性等の要件を満たさないことを判例等により具体的かつ詳細に主張し、使用差し止め請求を断念させた。

案件3解決までに7年以上を要した境界確定訴訟

現況面積と登記簿面積、一帯の現況と公図が著しく不整合で、その原因も不明なため、先任の弁護士から引き継いだ時点では、裁判官の心証が当方に明らかに不利な状況であった。 これを覆すため、現場に何度も足を運び、過去の空中写真や耕地整理に関する図面等多くの証拠を集めて不一致の原因を特定し、丁寧に主張立証を行った結果、裁判官の心証を覆して勝訴できた事案。

事務所名菅沼法律事務所

所在地〒343-0813 埼玉県越谷市越ヶ谷1-11-35 吾山ビルⅡ4階

設立1999年04月01日

所員数-

URL-

地図


大きな地図で見る

このページのTOPへ

©2017 弁護士.TV ALL RIGHTS RESERVED.